TOEFL

TOEFL

TOEFLの試験監督

24歳男のTと申します。私がやったのはTOEFLという大学生版のTOEICの試験監督です。

 

TOEFLは在学していた大学が試験会場で、集合時間は13:00、試験開始はだいたい15:00くらいだったと記憶しています。試験のための準備、座席の確認などは殆ど前日に行いますので、当日の仕事は監督と答案の回収、受験票の回収くらいしかありません。

 

拘束時間は5時間〜6時間で、18:00には仕事が終わります。試験時間は約2時間、机間巡視を行い不正行為がないかを見て回ります。まあ、不正行為をしてまで良いスコアを取ろうと思うような試験ではないので一人もいませんでしたが。

 

2人1組で監督を行い、教卓から指示を出す人と、学生の後ろで監督をする人に分かれます。教卓側は学生に見られているので程良い緊張感があるんですが、後ろで監督する役割になるともう眠気との闘いですね。実際ペアになった女の子は試験時間のうち1時間くらいは寝てました。

 

報酬ですが、私の場合は大学生協を通しての仕事だったので、1週間後に大学生協に行って現金でいただきました。報酬は8000円で、前日に2時間程度の準備もあるので時給換算だと1000円くらいでしょうか。大学院生だと報酬は上がるようです。

 

マニュアルに従っていくだけなので仕事自体は簡単な作業です。ただ不正行為があったりすると少し面倒な手続き等があったりします。

 

試験中に監督が寝てしまうとかっこ悪いだけでなく示しもつきませんので眠気に打ち勝つ精神は必要ですね。試験中の監督がどんなもんなのか経験することができるので、機会があればやってみてはいかがでしょうか。

 

>> 試験監督のバイトはコチラから <<

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ