漢字検定 試験監督 バイト

漢字検定

漢検の試験監督アルバイトをしました

横浜在住の広岡と申します。30代男性です。

 

知人に頼まれ、漢字検定の試験監督アルバイトをしました。予定していた方が、急に体調を崩してしまったための代行です。

 

試験会場は地元の専門学校。漢検は級が細かく分かれていて、スタートの2級は10時から、最後の準1級・4級・6級の終了が4時半終了と、試験時間だけでも丸一日の拘束になります。準備・片付けも含めると、その前後1時間はかかりましたので、9時〜17時半と、普通の勤務並みです。

 

仕事の内容は、私の場合は純粋な試験監督だけでしたので、(受付等は別のスタッフが対応)答案を配ったり集めたり、注意事項を説明したりとまったく難しくなかったです。特に、検定の上位級の受験者さんたちは、検定慣れをしていて、説明を聞かなくても「いつもと同じだよね?」という感じでたいへんスムーズでした。

 

ちょっと大変だったのは、下位級の受験者。
子供が多いんです。そうなると、子供ひとりでは試験会場に来られないので、保護者同伴で来ることになる。その保護者が「まだ終わらないのかな?」とばかりに、試験会場を勝手にうろつくので、それを制止したことが数回。参りました。

 

報酬は、監督を引き受ける際に、第三者に明かしてはいけないと言われているので詳細が書けないのは申し訳ないのですが、1万円を大きく超えています。アルバイトと考えると、本当に割の良いものでした。

 

厳粛に行われる試験だけに、気が抜けないのですが、事前にきちんとマニュアルさえ読んでおけば、その通りにやればいいので楽な仕事でもあります。基本的にはとてもラクな仕事だと思います。

 

マニュアルだけはしっかりと熟読する!というのが、アドバイスです。

 

>> 試験監督の求人はコチラから!<<

ホーム RSS購読 サイトマップ