丸一日の拘束だけど小遣い稼ぎにはちょうどいいかも

丸一日の拘束だけど小遣い稼ぎにはちょうどいいかも

拘束時間はまる一日だけど小遣い稼ぎとしては有難い

私は、今30代の女性です。大学時代に、自分の通っている大学の試験監督のアルバイトをした経験があります。試験会場は、普段から通っている自分の大学なので、全く緊張もしませんでした。拘束時間は、試験の日の試験が始まる時間の一時間ほど前から集められました。そして、試験が終わって、会場の片づけなどを手伝って、試験監督のアルバイトを終了しました。拘束時間は、丸一日でした。

 

試験中にただ会場の中で座っているだけだったので、あまり、何かしたような記憶はありません。ただ試験中に、不正がないかどうかを見張る仕事でした。ただ座っているだけなので、時々寝浮くなってきてしまったりしたのですが、アルバイト中に眠らないように頑張って見張りました。

 

報酬は日給現金払い

報酬は、日給で、現金を手渡しでもらいました。大学から頼まれた試験監督のアルバイトだったので、お小遣い稼ぎにはちょうどよいと思って、喜んで参加しました。大学の試験にくる少し緊張した学生たちを見ていると、数年前の受験を思い出して、本当に当時大変だったことを思い出しながら、試験監督をしていたように思います。なかなか出来ない経験だと思うので、思い切って、試験監督をする機会があるならば、アルバイトを引き受けてみる価値はあると思います。

 

関連ページ

ジロジロ見ていると生徒の集中力に影響が出るのでほどほどの監視がグッド!
試験監督をして感じたのは、生徒も試験監督の視線を感じているんだなということでした。なので、あまりジロジロ見ていると生徒の集中力に影響が出るので、ほどほどに監視するのがよいのではと思います。
ホーム RSS購読 サイトマップ